YAMAHA RGX-1220R
2022.04.14
YAMAHA RGX-1220R 1987年製 スルーネックの最上位モデル。当時12万円。



なんとなんとデッドストックです。ボディはほぼ傷ゼロ、フレットの消耗も無し。インレイ一か所欠落があり購入保留、一度キャンセルしたのですが、ハードオフが修理に出してくれてたんですねえ~~~!!店長ありがとう!!あの時のオレがちゃんと買いましたよ~!!
入手価格は44000円。修理前はもう少し安かったけど修理されて綺麗なほうが良いさあ。
35年間もよくぞこの状態で維持されたもんです。ヘッドのKEEP ON ROCKINのプレート未装着。
その出音は驚愕で、ウチの60万円のギターと互角。



35歳、年齢相応にガタ来てるのでまずはガリのあるセレクターを分解清掃。

これ実はパールホワイト色なのですが、この色大体10年でクリーム色になります。当時のカタログの写真と比較すると、熟成した白ワインのよう。



このギターは配線が特殊。3連のミニスイッチは、手前二つはフロント、リアのコイルタップで、一番奥はなんとbypass。トーン、ボリューム、コンデンサを通さずピックアップからセレクターを通り、ダイレクトアウトできます。



トレモロブリッジの後ろにあるレバー。これは、トレモロを固定する機構で、右に回すとロックされ、フロイド系の弱点、ダブルチョーキングでトレモロが浮いて音程が狂うのを防げます。ロックしてダイレクトアウトするとES-335っぽいメロウでふくよかな音が出ます。



製造期間は1987~1988年辺りの僅か2~3年なのですが、RGX-1220G 1220R 1220Jのマイナーバージョンアップがあり、この1220Rはピックアップが異なる。SSH-1Bという物で、アルニコではなく、当時ヤマハが独自開発したスピネックスという磁石
※こちらを参照 http://victory-se.shop-pro.jp/?pid=81070290
で細い線を多く巻いているらしい。この磁石は、ウィンテージのピックアップの磁力が弱まった状態を再現したそうで、
巻線を多くすることで出力を補い、ヴィンテージの音を再現しているそうな。
しかし見た目は思いっきりメタル系ギターw
クニフェ以外の磁石なんてのもあったんですねえ・・・・艶消しで音も相当な高級感が漂う。(1220Jからアルニコになる)
当時のSGシリーズに搭載していた物の型番違いの模様。80年頃のサンタナみたいな音出ますよ笑
金属パーツも錆無し。
コメント一覧
コメント投稿

名前

URL(任意、無しでOKですの)

コメント

- CafeNote -