ラーメンでもうどんでも火力が重要
2016.06.11
家庭でうどんやらラーメンを茹でても火力が弱く、美味しく茹で上げることは難しい。・・・と、多分記憶のどこかで漫画おいしんぼ辺りで読んだ記憶があります。

確かに家庭用コンロはせいぜい2000~2500kcal/hの貧弱火力で、心許無い。

さて、今日はラーメンが食べたい。
ではスープを作りましょう。
豚骨と鶏がらをベースに、各種香味野菜とかつお出汁で。



この鍋、写真では小さく見えますが直径50cm超えの大鍋です。
家庭用コンロじゃ煮えるまで30分かかっちまいます。

最近の家庭用コンロは、焼き網で魚とか焼き鳥焼くと勝手に火が小さくなったりで使い物になりません。せめてオフ機能位つけろよ!と思うのですが、PL法とか色々面倒らしくそうも言ってられないので、
ワタシは業務用のコンロに変えちゃいました(笑)



場所とって邪魔なので家庭用コンロの強火のほうを使わず、その上に設置してしまいます。
一機で6000kcal/程の火力あります。一人前ならチャーハンでも炒め物でもお店の味になりますよ~。



一日目、さっぱり醤油味で。



二日目、背脂を一緒に煮込んで背脂チャッチャ系ラーメンで。

おまけ



肉うどん。
豚肉を醤油砂糖みりん本だしなどで煮て片栗粉で固めて、道場六三郎並にどっさり濃厚昆布&かつお出汁、塩、味の素少々、きしめんの乾麺を使った肉うどんです。
これもまた旨いんだ・・・・
2016.06.11 23:18 | 固定リンク | 未分類 | コメント (0)
少し回復
2016.06.10
5月に妙な風邪をうつされ、38.6度の高熱が三日続き、解熱剤に当たって廃人になってしまいました。とにかく情緒不安定が酷く、仕事も全て休みにしてようやく回復してきました。

今年は春先のサヨリ釣りが絶好調で、二週程前に35~40cmクラスの大型が40本も釣れてしまったりで、独りサヨリ祭りとかやってました(寂しい・・・・)



サヨリの刺身、甘エビ、カレイ刺身、青柳湯引き

サヨリが卵持ちだったので、軽く塩をして水を抜いて、
ホイルで卵の塩焼き&醤油と砂糖みりんで卵の煮付け





これは珍味ですな~~。

先日、スーパーライフに行くと珍しいカニが。



これは、紅ズワイガニです。

ズワイより味が悪く通常はカニの缶詰に加工されてしまう物なのですが、
活きで398円とかアホみたいな値段で売っていたので、

塩茹で



ほうほう・・・確かにズワイより味落ちます。ボディは美味しいのですが、足はカニカマみたいな味・・・しかしこれ缶詰に加工したらもったいないですわ。
活きカニとして十分な素材だし、これより不味いカニが普通に市場に
沢山出回ってますしねえ。
海産物の資源枯渇の現状考えたら活きで流通させたほうが良いと思いますけどねえ。

360°師匠が海女デビューして赤西貝を沢山とって分けてくださいましたので、塩揉みしてヌメリをとって、湯引きにして冷水で冷ましてから、



国産牛ロースステーキをローズマリーとにんにくで焼いて一緒に、塩コショウで牛脂でソテー。
これは泣けるほど旨い。
和牛と違って脂身が少なくさっぱりした味なので、デミグラスソースをベースにワインと醤油でソースを作ります。美味しいよ!


地鶏のササミ、炙りタタキのゆず胡椒



地鶏コンテストで優勝した物ですって。銘柄忘れてしまいました。

- CafeNote -