VOX AV15 改造二回目
2020.06.21
jensenスピーカーを搭載して音の切れは良くなったのですが、なんかこの、8インチスピーカの癖に低音がボコボコうるさく鼻に付きます。耳じゃなく笑 チビの癖にいかつい顔して歩いてる昭和のヤンキー中学生みたいな感じで。
BASSつまみを下げると音は細くなるし・・・

何か対策案が無いかと調べると、

"マーシャルのアンプは密閉型である。(厳密にはバスレフ前面開放ですが)
フェンダー系は基本後方開放型が多い。密閉型にすることで、ドライブ時のハイコンプレッション感、密度の高さが売りになる。ある程度音量を出さないと本領を発揮できない。"


ん~~VOX AV15は密閉型バスレフ(オーディオの世界では有り得ないギターアンプだけの世界の表現)であるため、ある程度の音量を出さないと本領発揮できないようだ。自宅用小音量使用目的で購入したのでこれは参った。

背面一体型のため、背面パネルを外すことができません。
  
お・・・この方法があったか。



実はこのVOX AV15、底面パネル式なのです。
底面パネルを外してしまい、レンガにフェルトを貼り付けて底上げして設置することで、底面開放型にしてみた。



写真見て気が付きましたか?

下が青く光ってます。真空管の青色の光が下まで届いて、昭和の改造ヤンキー車みたいに底面を照らしておりますwwwwwwwヒュース&ケトナーのトライアンプみたいwww

これはかっこいいのではないかwwww

音は??抜けが良くなって素晴らしいです。
自宅用の方、底面パネル外してこうして置くと良いですよ笑
コメント一覧
コメント投稿

名前

URL(任意、無しでOKですの)

コメント

- CafeNote -