ビルローレンス奥居香モデルBKIR-60G 更に
2020.03.15
そもそも100kのボリュームを使って普通に鳴るフロントのBill Lawrence T1
が怪しい。音は出てるけど周波数の中抜けが酷く出力が小さすぎる。
検索してみたら、断線と確定。

テスタで調べたらあらあらあら・・・



1MΩから段々上がっていって途中から下がったり、これでよく音出てたな。

Bill Lawrenceのピックアップが断線しやすいのは知っていたのですが、配線やってるだけで断線するとは思わなかった。トーンを絞ると音がちっちゃくなっちゃうんですよね。
音出てれば断線じゃないと思っていたのが間違いの元で、コイル内部のほうでの断線らしい。
(実はこのトーン絞って音が小さくなるトラブルに二週間ほど悩まされ、配線が間違っていると思い沢山調べて配線に強くなってしまった不幸中の幸笑)

Bill Lawrence T1 T2で固めたかったのですがこれはもう辞めて、
gotoh-pickups TL-Classic/Neck に変更。



ボリュームは帝国通信工業の特注品、ボリュームフルテン時に抵抗を切り離す、CTSのno-loadと同じタイプに。(これは探しても売ってません100個単位の特注です)





このギターの仕様メモ /元の仕様
ボディ セン
ネック メイプル ローズウッド
ペグ (無交換)
ピックアップ 
  交換前 Bill Lawrence T1/不明コイルタップ付きハム
  交換後 GOTOH PICKUPS 
  TL-Classic Nec
   DC.R / 6.75 KΩ Magnet / Alnico #5 Rod
  TL-Classicα Bridge
  DC.R / 7.77 KΩ Magnet / Alnico #5 Rod
ボリューム/TONE 
   交換前 国産1MΩボリューム&トーン
   交換後
   帝国通信工業 250kΩ、GOTOH ミニサイズ16mm 250kΩ
セレクター 
   交換前 国産DM3WAY
   交換後 MONTREUX OAK 3way switch
ブリッジ 
   交換前 不明ゴールド
   交換後 GOTOH TI-TC-2 チタン (ESP高低差ビスに交換)
配線   Western Electric 20AWG 1955年
アウト配線 BELDEN 8460 18GA 
コンデンサ パナソニック 0.1μF

 
一夜にして変態から普通に戻る(笑)

- CafeNote -