アメリケンな気分
2020.07.09
Gibson 57 classic と、Fender Custom Shop ’51 Nocaster Tele Pickups Setを購入しまして、アメリケンな気分なのでクアアイナのアボカドモッツアレラバーガーを食べながら



Gibson 57 classicを島村レスポールのフロントに、



Fender custom-shop 51 nocasterをビルローレンス
BKIR-60G に搭載しました。



しのちゃん所有 MADE IN JAPANギター、鬼畜米英の軍門に下るww
部品の精度と耐久性と価格
2020.07.08
長年、エレキギターを触って来た人はご存じかと思いますが、日本製ギターに搭載されたフロイドローズには、オリジナル(本物)と、GOTOH(ライセンス)、とタケウチ(ライセンス)が主に使われていました。この並び順は、値段です(笑)

ウチにあるギターでは、VALLEY ARTS SSH270(当時定価27万円)に、オリジナルが搭載されていて、
フェンダージャパン STR-730(当時定価73000円)には、タケウチ製が搭載されていました。
いずれもゴールドパーツです。

タケウチ製は、なんと3年でメッキが剥がれ、金属が露出して酸化、真っ黒くなってしまいました。
今から21年前に、VALLEY ARTS SSH270 は、ARTTECHにてGOTOH製ライセンスに交換し、元に付いていたオリジナルをフェンダージャパン ST-730に移植し、タケウチ製は当時捨てました笑

オリジナルと、GOTOH製は20年以上経過している現在、多少の錆は出ておりますが、メッキが剥がれて黒く酸化している部分はありません。

これ、何が違うのかというと、金メッキの厚さが違うんですよね。
厚みを出すほど値段が高くなります。

ここ数年、接触の悪くなったセレクターを交換したのですが、国産のDMは全部1年以内に接触不良が起きてます。対して、CRL、OAKは全く問題ありません。
どうやら、DMはセレクターの作動部分の薄い金属がペラペラで、配線改造をまめにやることで、半田ごての熱で変形してしまうようです。一点、一点しっかり熱冷ましてからやるしかない。
この僅かな変形による接点不良を、接点復活材でごまかしている場合、露骨に音質が劣化します。
これって、40年位部品製造会社にフィードバックされてないのでしょうかねえ?
YM、DMは300円プラスで大幅な性能アップしてCRL、OAKなんて軽く凌げる性能出せるはずなんですよねえ。

対して、YMは、分解して接点清掃がとてもやり易い。(磨けます)耐久性はどっこいどっこいですが、接点という観点ではYMのほうがマシかと思います。

改造やらない人はDMで良いでしょうけど、改造やる人はCRL、OAKなど海外製のほうが良いかと思います。

日本では、部品を仕入れて販売する、例えば先日ディスコンになった私もお気に入りで使ってたG マークのボリュームですが、GOTOHが販売してますけど、製造はGOTOHじゃなく、中小部品製造会社に発注してるんですよね。秋葉原であれ370円で売ってましたけど、製造元、GOTOH、販売店、3社が利益を出している状態で、あの精度のボリュームが370円というのは、今考えると奇跡です笑

CTSなんて700円もするんですから、2倍近いじゃないですか!!

Gのマークのボリュームを製造していた部品会社、恐らく、消費税が10%に上がった時に廃業してしまったのかもしれません。
日本の中小部品製造会社、メッキ会社、ネジ製造会社、
みんなギリギリで頑張ってたんです。メイドインジャパンの安価で高性能、高品質を支えた皆さん。

昨年10月消費税増税に合わせ、今なら退職金払えるから・・・・と言って、物凄い数の部品製造中小会社が廃業しました。

日本の製造元会社は長年、価格転嫁ができませんでした。政府が消費増税分を大企業に肩代わりさせられてないか、聞き取り調査なんてやってましたけど、もう皆さん廃業済みです。

メッキもネジも、新規取引受付は相場2倍になってます。キャパ超えちゃってるんです。
なので転嫁どころか部品調達が大変なことになってます。

昨年10月の消費税上げで、メイドインジャパンの安価、高性能、高品質は終わりました。

20年生き残る部品と、3年で終わる部品、1年持たない部品。その差は値段か誇りです。
AV15、ここらで決着。
2020.07.07
色々弄くり回しているVOX AV15ですが、最終的な結論としては、

後方開放型のフェンダーやVOX AC等のアンプと、密閉型バスレス※(マーシャル系)の音は、相容れない。
どちらかを取るしかないということが解りました。
こういう点考えると、プリ、パワー両方の真空管にこだわらず、デジタルシミュレーターのVTシリーズ行ったほうが良いのかもしれません。

まあ、AC15は居酒屋しのちゃんに行けば音出せるので、ここは自宅での使用で、マーシャル系ハイゲイン、ハイコンプレッションサウンドを優先することに。


前回吸音材を大きく入れた所、音がこもってしまったので、吸音材を1/3程に切り取ります。
このアンプは、天板に基盤が付いているので、底板とはそれなりに断差がありますので、
定在波の発生しやすい平行面のあるサイド板片面に吸音材を養生テープで貼り付けて密閉型にしてみました。箱の中心を避けてスピーカーユニットを搭載してあるので、スピーカーから遠い、バスレフダクトが開けてある横側を吸音します。



そしてフタをして弾いてみると、

うん、中々良いじゃないですか。
養生テープをはがして、タッカーで打ち込み固定。
ついでなので、RUBY真空管をエレハモに交換しました。
(中古で購入したので真空管へたってる感があったので)

という訳で、ひとまず完成。

- CafeNote -