HISTORY ZLS90-CFSその後の問題
2020.03.01
ボリュームとトーンは国産GOTOH製に付け替えたので問題なくなったのですが、
弾いているとなんか気持ち悪い響きになる・・・なんとこのギター、4弦、5弦の音程が弾いてるうちに上がって行きます。

まあ、長年の経験からこういうトラブルはナットだ絶対ナットだ。
と思い、検索してみると・・・

ナットの溝切が甘いと、ナットに弦が引っ掛かり、ペグとナットの部分だけ張力がかかり、そのままチューニングされて、弾いている時にその引っ張られた所が徐々に指板側にずれていき全体のチューニングが上がってしまうらしい。
これはどうやらレスポールやアコギのナットに対して斜めに弦のテンションがかかるタイプに起きやすい問題のようです。

ギター歴36年になりますが、さすがにピッチが上がっていくギターは初めて経験してびっくり。サークルフレッティングシステムは倍音が綺麗に整って出るので、余計に
ピッチが気持ち悪く出てしまうようです。

これだけ音良いのに前オーナーが新品同様で手放したのはこれが原因だろう・・・・・

ナットファイルで微調整します。ゆっくりじっくりやります。



ナットの調整はワタシみたいな素人には非常に難しく、やり過ぎたら付け替えしかありません。
昔アートテックで杉浦さんが目の前でやってるの見ましたが、一発で完璧に仕上げちゃうんですよねえ。職人の技って凄いですよ。今は自分でナット切りやってるのでいかに凄い技術だったのかよーく解ります私には絶対できません。おっかなびっくりなんとかごまかしながらちょうど良くなるまで数日かけて直します。
ギター歴36年初レスポール
2020.03.01
なんか北のほうから俺を呼ぶ声が聞こえる・・・・
呼ばれたのでハードオフ三郷店に5年ぶりくらいだろうか、車で行ってきました。

そしたらこいつがおりました笑



HISTORY ZLS90-CFS
島村楽器プライベートブランド、HISTORYのレスポールです。
2000年代中頃の製品で、トップは薄いべニアの綺麗なメープルに、ハードメイプルを貼り合わせてマホガニーとプライしてます。ネックもマホガニーですが3ピース(ヘッド部合わせると5ピース)、ボディも多分3ピース。サークルフレッティングシステム。
HISTORYはオープンプライスなので中古店が値段付けづらい。大体の記憶では、ZLS90の90が定価9万円、実店舗で2割引いて72000円、という具合で販売してたと思います。
2005年にベースを新品で購入してますのでそんな感じだったかと。

購入価格は税込み33000円。10数年経過してますが新品同様です。どうやって保管したんだろ笑

実はわたくし、サークルフレッティングシステム(CFS)の考案者のT.M.Pの天才秀才、松下さんが、CFSの特許をフジゲンに売却する前にT.M.Pブランドで製作されたプロトタイプのレスポールを16年程前に弾かせてもらいまして、その音たるやなんたるや、ピッチが正確という以前に音の立ち上がりが凄い!!
使用したアンプは、fender バイブロラックスのヴィンテージ、オリジナル。

HISTORY ZLS90-CFS・・・T.M.Pモデルとまでは行きませんが、相当なレベルの楽器です。
しかし・・・やはり音がなんか気になる笑イコライザーで作りこんでもどうにもならない部分がある。

ので、早速分解してみましたところ・・・



なんじゃこのボリュームは。定価9万のギターにこれ使うか笑

アースは針金笑、裸のむき出し線です。バッカスの送料込み15000円の最安値モデルでさえ針金は無かったですよ笑
しかし考えてみたら、コンデンサの足、むき出しの針金ですねウハハこれでいいのかも笑
この徹底したコスト感覚、どっかの外人コンサルがやりそうな匂いがプンプンしますw
内部配線はそれなりの物使ってるので今回はそのままで。
本当はウエスタンビンテージワイヤー使いたいのですが、レスポールはセレクターまでの距離がとんでもなく長いため、ウエスタンワイヤー使っただけで1万円超えます。さすがに配線ケーブルごときに1万円つかいたくない。
それと、ビンテージワイヤーはノイズが出やすく長く取り回ししたくない。

コンデンサはKCK・・・なんと新潟の国産メーカーのコンデンサなんですねえ。
これもレアなのでこのままで。

早速秋葉原に行って、GOTOHの国産ボリューム買ってきて付け替えてみます。



リアの最終ボリュームだけ取り換えて音出してみるとウハハ、音全然違うじゃねーか笑
こりゃ測定器かけてもデータ取れちゃうレベルの音質差。
余ってるウエスタンエレクトリックのヴィンテージワイアーをアース線だけに使ってみる。



余ってるからです音は特に狙ってません笑
全部ポットGOTOHに交換。

うーん。これは凄いことになってるぞ。
弾いてみたい方は居酒屋しのちゃんへ。
モニターアンプ入れ替え
2020.02.23
自宅スタジオの機材を全て居酒屋しのちゃんに移設してスタジオしのちゃんを始めました笑
この際、30年使用していたsansui auα907-l extraアンプを分解してみたのですが、さすがに各パーツの劣化が酷く、モニター用で修理ですむレベルでなくなってきているので引退を決めました。

数年前お遊びで購入した CEC AMP3000



https://audio-heritage.jp/CEC/amp/amp3300.html


定価5万円、XLRバランス入力付き。
通常半固定で使うGAIN部品をそのままボリュームにすることで、ボリュームフェーダー不要でダイレクトコントロールで音質を追求し、ミュートしてもガリが爆音で出るとんでもない設計の品物です。(高いプロ用は普通VCAで対応する)
しかし、このクラスでは絶対あり得ない大きなトロイダルコアトランスを搭載し、
純A級作動、小さいコンデンサを多量に並列に並べることで莫大なコストダウンをしています。

中古で購入時、やはりとんでもないガリと左右の音量差が出ていてこりゃ絶対使えない、返品かな
・・・と思ったのですが、出ている音がやたらといい。いいどころがとんでもなく良い音が出てます。これがsansui系のNFBのパワフルサウンドでは得られない、NONE、NFBサウンドなのか。パワーはないけど、奥行きのある音像は高級オーディオ的なとても魅力的です。

ネット情報を根深く掘った所、このモデルは半固定部品を可変にしていることでリーク電流があり、ボリューム部品に結晶が出来て固着し、ガリが出るということが分かった。
実は、C.E.C AMP3000、このガリのせいでボリュームを固定させたまま使う人が多く、動かさないで電源オン、オフを繰り替えすともっとガリというかバリバリ音が増える悪循環にはまります。

分解してまずボリューム部品を徹底清掃します。

一度綺麗に清掃したら、電源を入れる前に一度、ボリュームをゼロからフルテンまで回してから電源を入れる。
使う前に、一度このおまじないをするだけでガリは全く出なくなります。使った日だけで大丈夫です。一か月開けてもガリ出ません、使ったら必ず次回一度ゼロからフルテン回せばOKです。

たったこれだけでこの音質を得られるなら素晴らしいことだと思います。

面倒くさい人はもっと高いの買いましょう笑

- CafeNote -