Bacchus T-HOLLOW ハンドメイドシリーズの特注品
2020.03.17




このギターは昨年中古で購入したのですが、かっこいいんだけどイマイチ音が気にいらず倉庫に放ってらかしにしておりました(笑)
本当はフェンダーの69年、72年の本物シンラインが欲しかったのですが、そろそろセミビンテージ価格で結構な高嶺の花になっており、何しろ本家シンラインにはメープル指板しか無いので私には弾けません。

フェンダージャパンの古いの買ってネックをテレキャスターから取り外してニコイチしてみようか・・・とも思ったのですが、現行のとオリジナルは音が全然違うらしい。それと、シンラインのピックアップは取り付けネジの穴の位置が全然違う専用設計だったのです。

オリジナルのシンラインは、ギブソンPAFを作った、セスラバー大先生が設計されたワイドレンジハムバッカーという、ピックアップで、クニフェ、という現在では使用されていない磁石を使用していて、1~3弦と4~6弦でそれぞれ異なるポジションで独立コイルで音を拾う設計になっているそうな。
これはプレシジョンベースのフロントピックアップと同じような構造で、あの独特なパキットしながらもホローボディによる奥行のある音が出ているようです。

そんなことも知らずに、Bacchus T-HOLLOWでなんとかなるだろう、と思ったのが間違いで、このギターはフロントの音が大分暗く重く、リアのピックアップのシングルは明るく、ブレンドした時にもなじまないのです。

さて回路ふたを開けてみます。



ビンテージタイプのケーブルで配線されて、ボリュームはCTS 250KΩ、
コンデンサは今ではプレミアが付いて高値で取引されている東一電機 TOICHI TONE FACTORY Vitamin-Q(ヤフオク相場7500円)が入ってます。
トーンの部品は先日生産止めちゃった250KΩ国産コイルタップ付き。
ホント妥協無く見えない所に良い部品使ってる、バッカスというメーカーの良心姿勢が表れてます。


このギターの問題は、ボリュームが250kΩでフロントピックアップがハムバッカーなので、低音が出すぎて音が”もこもこ”してしまう点です。
ピックアップ自体は良いと思います。(レスポールに移植したいレベルで笑)
ボリュームポットを500kΩにしたらフロントはスッキリするのですが、フロントリアミックス時に恐らくリアがキンキンしてしまいそうなので、フロントを交換しようと探してみます。


見つけたのはLINDY FRALIN P92 Set Nickel Cover。



これはハムバッカーサイズでそのまま差し替え可能のようで、しかも
fender純正と同じ1~3弦と4~6弦を分けているタイプ。しかし2個セットで
サウンドハウスですら38,280円もするのでちょっと手出しにくい。
しかもオフィシャルの音聴いてみたら、ちょっとパワーが有りすぎる感じ。

さて考える・・・お、P-90はどうだろう?
と調べた所、p-90はハムバッカーとサイズが違う独自の設計だそうで
これは使えない。


各ピックアップの大きさを比較したサイトを見つけましたのでこちらを参照に
    
    http://pop-guitars.com/brog/?p=1361

P-90の仕様の他社製品なんか無いかなあ~と調べた所
ありましたありました。

SEYMOUR DUNCAN SPH90-1n Phat Cat サウンドハウスで9,438円。

KENT ARMSTRONG WPU900 Convertible P-90 Pickup In Humbucker Case
サウンドハウスで7,238円。

音を聴いてみた所、KENT ARMSTRONG WPU900 Convertible P-90がいい感じです。

早速注文、交換しようとした所、サイズが合わない・・・・



?よーく見たら、ギター本体のピックガードが丁寧にカバー無しピックアップの角のアールに合わせて加工してあり、金属ふた付きピックアップが入らないじゃないですか・・・・
ガーン・・・・
バッカスさん加工丁寧です(;´д`)。ピックアップのベース金属が見えないように細かい加工がされてるんですよ。メリケンじゃあこんなのあり得ないな笑

ヤスリで削って加工しました。キレイにやらないとダサいギターになっちゃうので、丁寧に丁寧に二時間かけて。。。。

TONEのポットはGOTOHに変更。これもディスコンだから今後手に入らないよー。

完成。音出してみるとフロント出力スゲー笑、即低くして調整。
しかし説明書通り接続したらどうも逆相の音が出ている。しかも弦に触れた時にノイズが多い。
取り外してプラスマイナス入れ替えてみたらノイズも出なくなり、OKでした。
※この際、アース線も逆の色のケーブルに接続替えます。

サウンドハウスのレビューに、ノイズが多いと書いてる人が数人居たのは、ロットにより±逆に半田接続しちゃったのが出回ってるのかと思います。逆相接続の場合音がかなりこもります。






これはこれはこれはこれは!!!!!めっちゃいい音になっとるぞ。
本家とは違う、335をスッキリさせたような、ブレンドがめちゃ気持ちいい。

一軍入り決定(笑)
ビルローレンス奥居香モデルBKIR-60G 更に
2020.03.15
そもそも100kのボリュームを使って普通に鳴るフロントのBill Lawrence T1
が怪しい。音は出てるけど周波数の中抜けが酷く出力が小さすぎる。
検索してみたら、断線と確定。

テスタで調べたらあらあらあら・・・



1MΩから段々上がっていって途中から下がったり、これでよく音出てたな。

Bill Lawrenceのピックアップが断線しやすいのは知っていたのですが、配線やってるだけで断線するとは思わなかった。トーンを絞ると音がちっちゃくなっちゃうんですよね。
音出てれば断線じゃないと思っていたのが間違いの元で、コイル内部のほうでの断線らしい。
(実はこのトーン絞って音が小さくなるトラブルに二週間ほど悩まされ、配線が間違っていると思い沢山調べて配線に強くなってしまった不幸中の幸笑)

Bill Lawrence T1 T2で固めたかったのですがこれはもう辞めて、
gotoh-pickups TL-Classic/Neck に変更。



ボリュームは帝国通信工業の特注品、ボリュームフルテン時に抵抗を切り離す、CTSのno-loadと同じタイプに。(これは探しても売ってません100個単位の特注です)





このギターの仕様メモ /元の仕様
ボディ セン
ネック メイプル ローズウッド
ペグ (無交換)
ピックアップ 
  交換前 Bill Lawrence T1/不明コイルタップ付きハム
  交換後 GOTOH PICKUPS 
  TL-Classic Nec
   DC.R / 6.75 KΩ Magnet / Alnico #5 Rod
  TL-Classicα Bridge
  DC.R / 7.77 KΩ Magnet / Alnico #5 Rod
ボリューム/TONE 
   交換前 国産1MΩボリューム&トーン
   交換後
   帝国通信工業 250kΩ、GOTOH ミニサイズ16mm 250kΩ
セレクター 
   交換前 国産DM3WAY
   交換後 MONTREUX OAK 3way switch
ブリッジ 
   交換前 不明ゴールド
   交換後 GOTOH TI-TC-2 チタン (ESP高低差ビスに交換)
配線   Western Electric 20AWG 1955年
アウト配線 BELDEN 8460 18GA 
コンデンサ パナソニック 0.1μF

 
一夜にして変態から普通に戻る(笑)
ビルローレンス奥居香モデルBKIR-60G
2020.03.14
このギターは既に改造済なのですが、
http://www.southenst.com/cgi-bin/blog/html/cat/7-4.html
フロントのBill Lawrence T1ピックアップの出力がワイドレンジなのですが非常に小さいため、リアのGOTOH PICKUPS TL classic αに負けてしまいます。ノーマルの TL classicにしておけば良かった・・・(※後日Bill Lawrence T1ピックアップの断線が判明しましたので以下フィルターかけて読んでください笑)

で、このフロントの音を更にワイドレンジに狙うため、ボリュームポットを
250KΩ以下の物を付けてみたい。しかしギターパーツショップではアクティブ用の25KΩしかありません。理想的には150KΩ位にしたいのですが中々無いですねえ。

しかしありました。なんとスイッチ付き100KΩボリュームです。昔ソノシートプレイヤーとかに使ってたボリュームと電源が連動するタイプ。
トルクが凄まじく硬いのですが、ここは妥協して付けてみます。
ついでにコンデンサもパナソニックの0.1μFに。



フロントは物凄く良い音になりましたが、リアがなんとハムバッカーの音に
しか聞こえない笑いやいやこれはどうしたものか、100KΩで低音が伸びたためマスキングされているのでしょうねえ。

ま、これをとりあえず生かすため、リアピックアップを一番低くセッティングしてフロントとのバランスとります。



かなり変態的なジャキジャキテレキャスターになりました。

- CafeNote -