本日の戦利品
2021.04.25
先日聞いたのですが、ワタシのようにハードオフでジャンク漁ってる人をジャンカーと呼ぶんだそうだ。
なんかカッコいいじゃないか、ジャンカー笑

そんな毎週ジャンカー生活をしているのですが、今週は良い物ゲットしました。
DOD SR866 ゲート付きステレオコンプレッサー。



税込み3080円ジャンクではなくなんと10日間保証付き!1995年製です。
これねえ・・・もうネット上に情報無いのですが、記憶では確か5万円位したはず。

最近ツイキャスを始めたのですが、やはり放送するからには、きちんとマスターにリミッターを入れてオーバーロード歪みを低減&音圧の調整をしたい。
ウチにはTUBETECHとFOCUSRITEのコンプがあるからこれらを使えば良いのですが、配信に貴重な真空管を償却するのは勿体なすぎるのと、マスタリング用に配線しちゃってるので外すのが面倒臭い。
そういう訳でこれDOD SR866を購入してきました。

ウチ帰ってwebarchiveほじくって発見しました。





最近の物とは違う、正真正銘USA製造。うほ~~VCAコンプじゃん。

早速ギターを繋いで音出してみると、これは効きが滑らかで良いですねえ。
ギター用に使うには少し抜けが悪いかもしれない。

これは是非とも中身を見てみたい!!!!

じゃーん。六角レンチもアメリケンなのでインチです。インチ用用意しないと開かないからねえーw



ON semiconductor K393が大量に入ってます。現代の安価な製品の表面実装ではなく、挿入実装でばっちり沢山。
これねえ、元Fairchildの部品なんですって。Fairchild Semiconductor。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%A2%E3%83%81%E3%83%A3%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%89%E3%82%BB%E3%83%9F%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%80%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BC

旧くは軍用、現在ではヴィンテージコンプレッサーのモデリングで良く見るあのフェアチャイルドですよ。

なんかねえ、旧き良きアメリカン製品って感じで良いですねえ。しかし、基板を見ると思いっきりDBXって書いてあるんですけどwww。OEMだったんでしょうねきっと・・・



このモデル、TRSバランスインアウトに、RCAのアンバラインアウトまで付いているので汎用性が高く、マスターにインサートで使おうかと思って買ってきたのですが、RCAが付いてるので、MIDAS DM12のRECOUT>DOD SR866>オーディオインターフェースに繋いで配信に使ってみました。インサートケーブル作るの面倒臭いんで。


うーむ、良い感じに音圧調整できてます。なかなかラジオっぽくなりました。


おまけ
バランスパッチベイが1100円で売ってたのでついでに買ってきました。



コンプ買っちゃったからパッチベイ要らないんだけど、TRSのバランスパッチベイって意外と出ないんですよね。当時のスタジオはバンタムパッチベイが主流だったので。

まあ1100円なら置いといて損はないでしょう。全インアウト、ピカールで綺麗にお掃除。

aura stingray 105 standard & MUSES 02D
2021.04.17


先日OPA2604を引き抜いてしまい、心臓が無い抜け殻アンプになってしまったので、代わりのオペアンプを検討する。

そもそもこのアンプは定価が15万円で確か、デフォルトでは5532が入っていたので、まあ100円のオペアンプです。それを800円のOPA2604に変えた時は感動したもんです。しかし、実際の中身を見た所、国産の90年代のアンプで言えば6万円位のモデルのレベルでして・・・・恐らく、当時AURAからB&W日本代理店が権利買ったかして、日本製の部品で組み立てたライセンス生産品がこれなのではないかと思います。

とてもMUSES 01D(3400円)を入れるようなレベルの物ではありません。
ましてや、MUSES 01Dは電気を沢山消費して良い音出す物量型のようで、100円のオペアンプ使ってたアンプじゃとてもドライブできないような予感がします。

ですが・・・、コンシューマー向けにチューンしたMUSES 02Dと言うのがあるじゃないですか。こちらは低電圧で動くようで、



じゃーん。買ってしまいました(笑)
秋月で税込み3400円×2 6800円です。
買ってしまいましたが、正直、アンプはディスクリート派のワタシは3400円のオペアンプには懐疑的です。
800円のopa2604との差どんだけあるかねえ?


早速差し込んで、ZARDのCDかけてみます。



スピーカーはKENWOOD LSF-555
https://audio-heritage.jp/TRIO-KENWOOD/speaker/lsf-555.html

うお、これは・・・・凄い制動力だ。頑丈なアルミバッフルのLFS-555ががっちり鳴って駆動されている。ネットワークが悲鳴上げているのが解る。

これはもしかして・・・B&W CDM1 NTを鳴らしてみる。
このモデルは、当時JVCマスタリングセンター(ビクター)の別宮環先生もモニターに使ってた物です。

うお~~~~~~~~こりゃスゲ~~~!!!



写真の通りテキトーな配置な上、2m近く左右離れた配置なのに、60HZ位まで何事も無く出てしかも歪みもなく、タイトに切れのある低音が出て、センターのボーカルがトンデモナイ瑞々しい音で鳴っております。B&Wはセッティングがシビアで難しいと20数年前は言われておりましたが、こんなクソセッティングで凄い音出てます。

最近の音源ということで、八十八ヶ所巡礼と大森靖子も流してみると、
いやいやいや全然行けるよこれ~!!
どうしてもダメなのが歪み系バンド。歪みの汚さがどうにも許せない音に。
音に隙間が無いので、歪みの音が嫌がらせに聞こえてしまうんですよね。

24bit96khzでワタシが録音した生オケ生ピアノのDVD-audio流してみると、これまた凄い立体感。
凄いのですが、B&W CDM1 NTは当時このモデルから、上位機種のノーチラスツイーターを搭載するようになり、やはりウーハーが負けてしまっています(サザンサウンドでは旧型をモニターに使ってた経緯あり)。エージングで良くなるという話をちらほら見ますがそれは嘘で、エージングされるのは自分の耳です笑

そこで、禁断のツイーターティッシュをやってみる。



90年代レコーディングスタジオでNS-10M STUDIOの高音域が煩い時に流行っていたティッシュ吸音笑

おおお~。丁度良いわwwwしかしこれ確かツイーター、ウーハーが別個のデュアルネットワークだったと思うので、改造して高性能アッテネーター入れても良いかもしれないなあ。

まずは見た目がちょっと汚らしいので、今後ストッキングの切れ端に交換する予定。

対して全然ダメなのが、pioneer s-55 twin sd
https://audio-heritage.jp/PIONEER-EXCLUSIVE/speaker/s-55twinsd.html

超小型ユニット2個のデュアルドライブのヴァーチャル同軸のため、低音がボコボコにされて高音域が全然出ません。このスピーカーはやはりそこそこの国産アンプが丁度良くセッティングされてます。

正直な話、aura stingray 105 standardでじゃじゃ馬B&W CDM1 NTがまともにドライブできるようになるとは思いもしませんでした。
一日じっくり聴いてみましたが、sansui 907 l-extraよりも低音の制動も上手くできているようで、プリアンプ、パワーアンプを分離することの伝送ロスまで考慮したら、時代はオペアンプなのかもしれません。
まだ大型のスピーカーを鳴らしていないので結論は早いんですが。


しかし・・・これケトナーのギターアンプに入れてみたいよう~~~~~~ww
伝説のオペアンプ BB(Burr-Brown)OPA2604 その2
2021.04.13
さて、前回auraのアンプから取り外したopa2604、ステレオなのでもう一つあるんですよね。

はい・・・・次に何やるかもうお分かりの方も多いかと思いますが、

Nu:Tekt OD-Sに付けてみたい。最新のテクノロジーで製造された最新鋭の真空管との組み合わせ。



早速やってみたのですが、これが・・・・
美味しくない!!

op275の時はワイドレンジで現代風ジャリパンサウンドが気持ち良かったのに、ミドルが妙に強調され、低音がスカスカ。

う~ん・・・これは想定外だった。音を上から下まで雰囲気で表現すると、土偶みたいな体形。



但し、TONEの定数はこれとピッタリ合ってます。op275や元に付いてるTL072よりもピタッとフィットしてます。これは不思議です。

いや~なんでも合うかと思ったけど結構オペアンプって用途選ぶのねえ。

音の傾向に合わせて選択しないとダメみたいですね。

- CafeNote -