前回に続き、今回はアナログミキサーを使用したラックシステムの欠点と回避
2020.10.14
このシステムの欠点を指摘している過去ログが、なんとmixiのコミュニティ掲示板で発見。

https://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=1100752&id=10468965

上記リンクから引用、長くなります

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[3] mixiユーザー
ミキサー導入は本当に一長一短なことなので、その人の使うシステム環境によりけりじゃないでしょうか。

近年、ミキサー導入の理由として恐らく最も多く挙げられることが、エフェクトループインターフェース的な考え方で「デジタル回路を通ることによる音質変化を避ける為に使用する」ということかと思います。しかしこれは、確かにアナログミキサーの使用により回避することはできても、それを使用することによって接点の増加など今度は「音質劣化」を生みますので、もし接続機器数が少ない場合は結局は一長一短になっていまします。

因みに僕の場合は、プリ+G-FORCE+パワーというシンプルな構成にも関わらず「デジタル回路経由の回避」を理由に以前に一度ミキサー導入をしたことがあったのですが、結果は、僕にとってはG-FORCEのデジタル回路を通る「音質変化」よりも接点増加による「音質劣化」の方が気になり、結局は試しただけで終わりました。

次に、ミキサー導入の最大のメリット(というか最大の理由)になるのが、80年代後半~90年代に特に流行った「ドライ+ウェットの独立複数系統出力」だと思います。これをやりたいという場合は、上述の音質変化や劣化など有無も言わさずに
導入せざる負えないですし、目的によっては取り入れる価値も十分にあると思います。

逆に最大のデメリットを挙げると、例えばG-FORCEのようなマルチエフェクターを中心のシステムにする場合は、ミキサーを使用してパラレル接続するということは、それにによってエフェクト効果に制限が加わり結局はマルチとしての可能性を狭めることにもなったりします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※ここまで引用

おおお~まさに調べていたことが全て記載されています素晴らしい!!
実は前回ワタシが上げた動画も、上記の通り2000年代のベリンガーの安価なミキサーを使用したため、若干ハイ上がりで音が細くなっています。※この当時のベリンガーの安価なミキサーは音質より多機能優先していました。

ミキサーをMIDAS DM12に差し替えて同じことをしてみたら、明らかに音が太く劣化が少なくなりました。
そして、上記の方も記載されている、ミキサー使用のパラレル接続をした場合にマルチの性能が狭まる点ですが私はこうして回避しました。



MIDAS DM12はAUXアウトが2系統あり、どちらもプリフェーダー、ポストフェーダーの独立選択が可能なため、プリフェーダーで送り、マルチとして使用する場合はフェーダーを下げてリターンのみ音が出るようにし、デジタルマルチとして使用、アナログ、デジタルミックスする場合はフェーダーを上げてエフェクターのほうの設定をWET100%にする。フェーダー上げ下げが必要なので一発読み出しはできないのですが、裏に回って配線やり直しする必要がなく、録音環境では中々便利になるのではないかと。

2000年頃にはMIDAS DM12のようなプリアンプも高音質でローノイズなコンパクトアナログミキサーは存在していませんでした。現在だからできる技でしょう笑
ステレオでこれをやりたい場合は、ループスイッチャーの二個のチャンネルを消費してアナログミキサーのバス出力ある物を選択するとチャンネル数増やせます。


んで、ついでに以前ラックシステム使用していた最近のベテランさんたちはどうしているのか調べてみた所、なんとカシオペアの野呂一生大先生は、Line6 HELIXで済ませてしまうそうでこれもびっくり仰天でした。

https://i1484.jp/2018/04/isseinoro/report-36880.html

結局、複雑なシステムでトラブルを避けることが重要だと。
ライブをやるプロにとって一番重要なのは、音が良いということも重要だけど、トラブルが少ないことが一番の優先順位なんですよね。
ワタシみたいに録音マスタリング畑の人間は、トラブル起きたら交換すれば良い、というちょっとした甘えがあり、リアルタイムにライブやる絶対トラブル起こせない人たちとは若干ズレがあるのは仕方ない。

まあ、ワタシの場合は安く過去の遺産を楽しむ趣味の世界なので、皆さんの参考になれば。

今週はBOSSのVF-1を買ってきました。
2020.10.13
ジャンク、音出ますがジョグダイヤルが誤作動します。の表記。

そうそうそう、ROLAND製品に多用されるロータリースイッチ、長年放置すると必ず誤作動始まるんですよね。ウチでも90年前半製のSDX-330、2台ありますが誤作動しました。
しかしこのロータリースイッチ、実は無限回転なのでグリグリグリと回し続けると、銅の接点にできた酸化被膜が削れて大体直っちゃうんです。lexiconのリバーブのロータリースイッチも結構直りますよ。(タバコ環境の人は除く)
こいつもそうだろう、とやってみたらこれが直らない。

しかもプログラム1から100迄飛ぶ始末なので、こりゃダメだ止めようと。電源ボタンと間違えてエフェクトオンオフスイッチを2~3度押したら、あらあらあら、なんと直ってしまいました笑
これはまたまたラッキーです、ヤフオク相場のほぼ半額、5500円で購入できました。


さてさて、前回購入したYAHAMA FX-900に続くラックエフェクターなので、この際、90年代~2000年頃まで流行していたラックマウントシステムを参考にして、ペダルエフェクトと併用の簡易システムを組んでみようかと。



しかし、2000年頃のシステムの情報なんてネットで得られるのだろうか!?
ありましたありましたありました!!!!

なんと、石橋楽器が2018年、B'zのTAK MATSUMOTO氏が2000年頃に使っていたラックシステムを復刻して販売しているじゃないですか!!!!

https://i1484.jp/2018/02/%E6%96%B0%E5%AE%BF%E5%BA%97xcustom-audio-japan%EF%BC%81%E7%B4%A0%E6%99%B4%E3%82%89%E3%81%97%E3%81%84%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0%E3%81%AE%E3%81%94%E7%B4%B9-2/report-35192.html

すっげ~~~~、これ当時組んだら200万円コース?いや300万円か。

やはり、先日ワタクシが記載した通り、CAJ製スプリッター&アナログミキサーでアナログ信号を分岐して、ADDAコンバータ(DSP経由)はエフェクト成分のみでミックスしてDSPによる音質劣化を避ける仕様になっています。(上記リンクにブロックダイヤグラム掲載してあります)

続く・・・

VOX AV15、まさかのDSP通過アンプなのか!?
2020.10.10
先日、ヤマハのFX900を購入してパイパス時もDSPを通ってしまう仕様を知ってしまい、とんでもないことに気が付いてしまう。

・・・ウチの改造VOX AV15、
http://www.southenst.com/cgi-bin/blog/html/day/20200801-1.html
リバーブとモジュレーションどディレイ、デジタルエフェクトだよな。
1990年代ですらフルデジタルなのだから、今の低コスト生産のVOX AV15がアナログミキサー搭載してる訳ない。大体つまみ動かして異なる位置でメモリ記録できる時点で気が付くべきだった。



この図のように、真空管プリアンプを通った後、ADデジタル変換されてDSPミキサーを通り、
DSPイコライザーをつまみで設定できるようにし、DAアナログ変換してから真空管のパワー部に送り、スピーカーから音が出ていた。。。。
なので、このアンプは、イコライザー部もDSP、恐らく未来永劫ガリが出ることはないはずです。(アナログ設計のゲインとマスターボリュームを除く)

本来、説明書にブロックダイアグラムが掲載されていればすぐに解ることなのですが、現代の商品は掲載されている物が殆どない。
音が気に入らず、あっちこっち改造しまくっていたまさかの原因はこれ。デジタル化してしまっているために、音の抜け、ダイナミックレンジの狭さに違和感を感じていたのでしょう・・・。価格帯から16bit44.1khzだと思います。

となると、まさかAV15のために高コスト専用DSP作る訳もないし、これはもしやVT20などのアンプシミュレーター内蔵DSPと同じ物を使用していて、その機能を殺している可能性がある。
どっかからこのコントロール素子にアクセスする方法ないかな!?


現代の低価格帯のデジタルリバーブ内蔵ギターアンプは、元信号も含め全てDSPでデジタル化していると考えて間違いないでしょう。アナログ素子でイコライザーを作った場合、どうしても安物部品特有の音質の悪さが出てしまうため、下手したらリバーブ非内蔵型もイコライザー部でADDA変換している可能性すらある。

世の中のギタリストはこの事実を知っているのだろうか。フルアナログだと思っている人が多数いるのではないだろうか。DSPでコストパフォーマンスは良いだろうが、絵に描いた餅は食えない。自宅で大きな音を出せない現代ではこれも宿命なのだろうか。

VOX AV15の改造の道のりはこちら
VOX AV15僅か2日にて改造されるww
VOX AV15 改造二回目
VOX AV15(改造)考察・・・・
VOX AV15に吸音材を入れてみる
AV15、ここらで決着。
VOX AV15 スペシャルモディファイ動画アップ
VOX AV15、まさかのDSP通過アンプなのか!?

- CafeNote -